カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

手彫り印鑑とは?

現在、「手彫り」という表記は、各店独自の判断で自由に使われています。
そんな中、各業界で不正表示が問題になり、印章業界でも公正取引委員会と組合が指針を示しましたが、 法的罰則はなく、ほとんど守られていません。
その指針をごく簡単にまとめました。

手彫り印鑑・・・一切機械を使わずに全ての工程を職人の手で作った印鑑です。
全ての工程を手で行う分、職人の力量や手間の掛け方で出来が大きく左右されます。
しかし、技術の習得に10年もかかり、大変な作業をしている職人が、手を抜くとは考えられません。
手彫りのよさは機械のように画一的にならないことと、高額な分、手間ひまを惜しまず注げることです。
手仕上げ印鑑・・・粗彫りという作業を機械で行い、手で仕上げした印鑑です。
彫刻機は作った印影と寸分違わず彫刻できます。
腕の良い職人が印影を作り、手で仕上げれば、特に整ったという意味ではよい印鑑が出来ます。
ただ一方で整いすぎて画一的になる傾向もあります。
また、機械を使えば素人でもある程度の印鑑が出来てしまうため、 ほとんど機械彫りと変わらないものまで「手仕上げ」に含まれてしまいます。
機械彫り印鑑・・・機械だけで彫った印鑑です。
手間を省き安くすることを目的としていますので、見た目にも味気なくバランスの悪い印影になりますし、 同一の印鑑が出来る危険性もあります。 しかし、機械彫りと表記している店はほとんどないのが現状です。

上記のこの分け方は明快で、お客様を向いたものだと思います。
一つ問題を挙げるとすれば、手仕上げの幅が広すぎることです。
もう一つ「手書き手仕上げ」とただの「手仕上げ」とに分けてもいいかもしれません。
ただ、手書きしているなら、手書きと表記することは今でも悪いことではないので、表記すればいいと思います。

「手彫り」はいいのか?

手彫り印鑑を作成・販売している私が言うのもなんですが、
「手彫り」は彫刻方法の表記で、良し悪しの表記ではありません。
しかし「手彫り」と「彫刻機」にはそれぞれ特徴があります。

手彫りのデメリットは、難易度の高さです。上手く彫るのが難しいのです。
しかし、ゆえに画一的になりにくい、手作業の温かみが出やすいという特徴もあります。
また、難しいことを続ければ、職人の腕はが上がります。
それに手彫りをしようというのは、それなりの心意気があるはずです。

一方、彫刻機は作業を効率化することが最大の利点です。
彫刻の正確さは彫刻機にかないませんので、有効に使えば、美しい印影を作ることが出来ます。
しかし、どうしても整いすぎる傾向がありますし、整えないという表現には不向きです。
彫刻機も手間ひまをかければ、よい印影が出来ますが、
効率的に作ろうとしてしまうことが、印影の出来に影響する場合が多いです。

「手彫り」の平均と「手仕上げ」の平均を比べれば、手彫りがいいでしょうが、
「手仕上げ」だから劣るということはありません。
印影の特徴などはそれぞれの印章店により違います。

「手彫り」表記は必要か?

業界では「手彫り」表記を明確にすることへの反対も根強いです。
技術を売りにしている既存の印章店が、フランチャイズやネットショップなど新興勢力に対して、 「手彫り」という売り口上を手放したくないというのが主な理由です。

しかし、私は明確な表記をすべきだと思っています。
その理由はいくつかあります。

【理由1】だれも損をしない

まず明確にすることでお客様が不利益になることはありません。
業界内の影響が大きいというハンコ屋さんがいらっしゃいますが、これは理由になりません。
業界の利益のためにお客様に有用な情報を出さないというのと同じです。
業界を守る表記、お客様を向いた表記、どちらをすべきか、議論の余地などないはずです。

これだけでも表記すべきと言うのに十分だと思いますが、
一番不利益になると考えられる、機械を使っていて「手彫り」と表記している印章店についても、 私は影響がないと思っています。
今時「機械だからダメ」なんて思っている人はほとんどいないでしょう。
「手彫り」と書いたって、ハンコは売れるものではありません。
ただ手彫りと書くより「手彫りは現在ほとんどありません。うちは機械を使っているけど、これだけこだわっています!」 「手彫り以上の品質でこの値段です!」 とか書いたほうがよほど売れるのではないでしょうか。

一方で、手彫り表記が正しくされない場合の不利益は色々あります。

【理由2】手彫りがなくなる

上野印房はもともと手彫りのハンコ屋ではありません。
それでも私は手彫りを始めました。
私自身手彫りが好きだということがありますが、
もっと大きいのは手彫りを扱うハンコ屋がなくなるのではないかという危機感です。
機械を使ったものが「手彫り」と言って安く売られたら「手彫り」は商売になりません。
事実、現在ネットショップを見回しても本当に手彫りと思われる印章店は数えるほどです。
手彫りが競技会だけの机上の技術になってしまうことは、業界としても損失であり、
お客様にとっても手彫りという選択肢を奪われることでもあります。

【理由3】もう一つの不公正が生まれる

正しい表記が行われないことで、手彫りが商売にならなくなることは書きましたが、
実はもう一つの不公正が生まれます。
「手仕上げ」と正しく表記している印章店が不利になってしまうのです。
表記に反対するハンコ屋さんの根底には「自分だけがバカを見るのではないか」という疑心暗鬼があるのではないかと思います。
そこでお客様にお願いです。
正直者がバカを見るような社会にしないためにも、
正しい表記を推進する意味でも、
手仕上げでも構わないというお客様には、ちゃんと「手仕上げ印鑑」と表記している印章店でお求めいただきたいと思います。

【理由4】手彫りを求めるお客様に手彫りが届かなくなる

少ないながらも「手で彫った」ことそのものに価値を見いだすお客様もいらっしゃいます。
正しく表記がされないと、手彫りを求めるお客様が「手彫り」と説明されて「機械彫り」や「手仕上げ印鑑」を購入してしまうことになります。
こんなことがあってはなりません。
販売店が「手彫りなんて意味がない」と思うことは勝手ですが、本来それはお客様が判断することで、
手彫りと表記していい理由にはなりません。

最後に・・・

現在、機械で彫られた印鑑が「手彫り印鑑」として当たり前のように販売されています。
これは一部の悪徳業者というわけではなく、老舗の印章店まで広く行われていることです。
「機械を使ったっていいものは出来る。だから手彫りと言っていいんだ」
印章店の中にはこのような主張をする人も多いです。

「機械使ったっていいものは出来る」
これは間違いではありません。
しかし、「だから手彫りと言っていいんだ」
これは詭弁です。
機械で彫った印鑑が、いいものなら、手で彫ったことになる。
そんなわけはありません。

我々印章店は自店の主張ではなく、お客様を向いた分かりやすい表記をしなくてはなりませんが、
残念ながら「手彫り」「手仕上げ」の表記は現在信頼できるものではありません。
お客様が「手彫りの利点」「彫刻機を使う利点」をしっかり理解し、 よりよい印鑑と出会っていただけるように、上野印房では、出来るだけフェアな情報公開に努めています。

ページトップへ