カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

個人印鑑の選び方

個人の印鑑は用途から主に3つに分けられます。
実印・・・役所に登録した印鑑。
銀行印・・・金融機関に登録した印鑑。
認印・・・普段使いの印鑑。

実印

実印 役所に登録した印章を「実印」といいます。高額な取引や重要な書類に使います。
大量生産の同形印やシャチハタ・ゴム印などは実印として登録できません。
一生を通じた「自分の証」となりますので、納得できるものをご購入ください。
■彫刻する文字
姓名・・・◎ 姓のみ・・・△ 名のみ・・・△
他人はもとより家族と混同しないためにも姓名を彫ったものがよいでしょう。
姓のみ・名のみの印鑑は、自治体によって印鑑登録できない場合があります。 登録先の自治体にお確かめの上、ご購入下さい。
■書体
条例では「楷書、行書、草書、てん書、れい書、古印体等いずれでもよい」となっています。
この6書体であれば登録には問題ありませんが、てん書をお選びになる方が多いです。
古くから篆刻で使われている書体で、長い歴史の中で培われた多彩な表現があることと、 第三者から読みづらい点で選ばれています。
■大きさ
条例では「8mmの正方形に収まらないもの。25mmの正方形に収まるもの」となっています。
一般的には15mmを目安に12mm〜18mmがほとんどです。
長さの規定はありませんが、一般的には60mmが多いです。
■材質
主に使われているのは、柘、黒水牛、牛角、象牙です。
ゴム印、浸透印(シャチハタ)、やわらかい木など変形しやすいものは、印鑑登録できません。

銀行印

銀行印 金融機関に登録した印を銀行印と言います。口座開設、金融取引などに使います。
財産を預かりますので、実印同様重要な印鑑です。
銀行印に法的な決まりはありませんので、各金融機関の指定に従ってください。
■彫刻する文字
姓名・・・○ 姓のみ・・・◎ 名のみ・・・○
姓のみを彫刻するのが一般的です。姓名、名のみでも可能です。
■書体
実印同様、てん書をお選びになる方が多いです。
■大きさ
一般的には12mmを目安に10mm〜18mmがほとんどです。認印と区別する意味で認印より大き目を選ばれるとよいでしょう。
■材質
主に使われているのは、柘、黒水牛、牛角、象牙ですが、朱肉をつけて押印するものならほとんど登録できます。 ゴム印、浸透印(シャチハタ)、やわらかい木など変形しやすいものは登録できません。

認印

認印 荷物や書類の確認など日常最も使われる印章です。
現在はシャチハタに代表される浸透印や大量生産の既製品が使われていますが、 浸透印などは使用できない書類などもありますので、うまく使い分けられるといいでしょう。
■彫刻する文字 姓名・・・○ 姓のみ・・・◎ 名のみ・・・△
第三者が認めやすいということで苗字を彫刻する場合がほとんどです。
同じ苗字の方と混同しやすい場合、フルネームや名のみで作ります。
■書体
第三者から読みやすい書体がいいでしょう。
■大きさ
10.5mmか12.0mmが多いですが、お好みでかまいません。
■材質
お好みでかまいません。
事務などで頻繁にご使用になる場合は、黒水牛・牛角がやや欠けにくいです。 機械彫りでもよろしければ、チタンなどさらに頑丈なものもあります。 (チタンなどは頑丈すぎて手で彫ることも仕上げることも出来ません。当店では取り扱いがございません)

法人印鑑の選び方

法人の印鑑はまず印鑑の形状から通称で丸印と角印と呼ばれるものに分けられます。

丸印は、法人名と役職名を彫刻することから役職印と言います。
この中で代表者の役職名を彫った印鑑を代表印または代表者印と言います。
これを法務局に登記すれば法人実印となり、金融機関に登録すれば法人銀行印となります。
また、部長之印など代表者以外の役職名を彫ったものを認印として作ることもあります。

角印に法人名(屋号)だけを彫ったものを社印と言います。
会社によっては角印に法人名と役職名も彫り、認印として使用するところもあります。

法人実印法人銀行印角印

法人実印

法人実印 文字通り法人の実印で、登記や重要書類に用います。
会社の設立には絶対必要な印鑑です。
■彫刻する文字
二重丸の外側に回し文字で法人名、内側に代表者の役職名を彫ります。
実は彫刻する文字に規定はありませんが、慣例から外れた印鑑では信用されません。
法的には規定がなくても、一般的なものを作った方がよいでしょう。
■書体
篆書で作ることがほとんどです。まれに古印体で作ることがあります。
■大きさ
10mm〜30mmという規定がありますが、18.0mmが一般的です。
■材質
ゴム印や浸透印など変形しやすい印鑑は登記出来ません。
主に使われているのは、柘、黒水牛、牛角、象牙です。印鑑の材質について

法人銀行印

法人銀行印 預金の出入・振替・小切手・手形など会社実印に準じて銀行取引に使用します。
■彫刻する文字
法人名と役職名を彫刻します。彫刻する文字は法人実印と同じですので、印材、大きさを変えるなどして、区別するのもよいでしょう。
■書体
篆書で作ることがほとんどです。まれに古印体で作ることがあります。
■大きさ
18.0mmか16.5mmが一般的です。
■材質
ゴム印や浸透印など変形しやすい印鑑は登記出来ません。
主に使われているのは、柘、黒水牛、牛角、象牙です。印鑑の材質について

角印(社印)

角印 登記をする印章ではありませんので、絶対必要という訳ではありませんが、 会社の顔ともいえる印章で、使用頻度はむしろ役職印より高いかもしれません。
領収書・請求書・見積書・契約書に単独もしくは役職印と並べて押します。
■彫刻する文字
法人名(屋号)を彫ります。会社名の後にバランスを見て「印」「之印」を付けることもあります。
■書体
篆書で作ることが多いですが、古印体・隷書・行書・草書などでも作ることもあります。 よく使う印ですので、太枠の篆書で作れば、枠の強度が上がります。
■大きさ
角印の大きさは本当に様々ですが、よく使われるのは、18mm・21mm・24mmです。
■材質
主に使われているのは、柘、黒水牛、牛角、象牙です。印鑑の材質について

はんこの材質

印材の特徴を詳しく書いています。お好みの印材をお選び下さい。
・材質について 象牙牛角黒水牛本柘
・形状について 印材のアタリ「寸胴」と「天丸サヤ付き」

象牙
手で彫れる天然の材料では最も彫刻、捺印に適しています。
現在、象牙の輸入は停止していますが、1989年の輸入停止以前に輸入されたものと、 1999年・2009年に解禁された時に輸入された物が流通しています。

【ご購入のアドバイス】
よく言われる象牙の利点は、硬く緻密なため、細かい彫刻ができ、綺麗に捺印できることです。
それともう一つ、優れているのは、温度湿度の変化にあまり影響を受けない点です。 黒水牛・牛角材は、乾燥に弱く、ひび割れることがあります。 全くとは言えませんが、象牙にはほとんどこの心配はありませんので、 長期間保管する実印、銀行印にはとても向いています。
象牙の欠点を強いて挙げれば、やや欠けやすいことです。 これは硬く緻密であることの裏返しで、硬くなるほど弾力がなくなるためです。 ぶつけたりしなければ、通常は欠けることはありませんが、 事務など認印として頻繁に使用する場合は、注意してご使用下さい。

【使用保管の注意】
ケースから取り出す際に落としたり、 朱肉の入れ物のふちや、捺印の時にぶつけたりしないよう注意してください。
朱の色が白い印材に染みやすいので、 ご使用の度に朱肉を拭き取って保管していただくことをお薦めします。 ※中には朱に染まった象牙が好きで、 わざと朱肉の上に置いて、朱をすわせる方もいらっしゃいます。

【象牙のランクについて】
象牙は輪切りにした状態で、年輪の中心に近い方が目が詰まっていて上質とされます。
この写真は一例です。象牙は天然のものですので、個体差があることをご理解下さい。

象牙(特上)
象牙(特上)
象牙(上)
象牙(上)
象牙(中)
象牙(中)
象牙(並)
象牙(並)
←比較のため普及品の並材も掲載いたしましたが、
上野印房での取り扱いはありません。

牛角(白)・牛角(色)
牛の角を加工した印材です。かつては「オランダ水牛」と表記されていました。
人間で言うと、象牙は「歯」のようにとにかく硬いのに対し、 黒水牛・牛角材は「爪」のように粘りがある感じです。
通常「芯持ち」と言って、ツノの中心部を使います。
今のところ、安定して輸入されていますが、 近年、短期間で牛を飼育するようになり、良質な材料が少なくなってきているようです。

【ご購入のアドバイス】
同じツノ材ということで、黒水牛と性質は似ています。 硬く、しかも粘りがあるので、耐久性に優れています。 ただし、やや乾燥に弱く、まれにひび割れやゆがみが生じることがあり、保管には注意が必要です。
天然の材料ですので、一本一本色合いが異なります。 特に「牛角(白)」という、茶色いぶちがないものは、 取れる数が少なく希少価値が高くなります。

牛角(白)
牛角(白)
牛角(色)
牛角(色)

【使用保管の注意】
牛角は、乾燥すると、ひび割れや、印面の中心が凹むことがあります。 直射日光や照明のあたる場所は避け、温度の変化の少ない場所で保管して下さい。 植物油(椿油・オリーブオイルなど)を塗っておくと、乾燥によるひび割れを防げます。
もう一つの注意点として、長期間タンスや引き出しに保管しておくと、虫食いになることがあります。 しっかりと閉まる印章ケースに入れて保管して下さい。 防虫剤と一緒に保管しておくと、いっそう安心です。
また、耐久性に優れているとは言っても、 強い衝撃では欠けたり凹んだりすることがありますので、 落としたりぶつけたりしないよう注意してください。

黒水牛
水牛の角を加工した印材です。 人間で言うと、象牙は「歯」で、とにかく硬いのに対し、 黒水牛・牛角材は「爪」で、硬さと粘りがある感じです。
通常「芯持ち」と言って、ツノの中心部を使います。
水牛のツノは主に東南アジアが産地で、現地の農耕が牛から機械化されてきて、徐々に少なくなってきているようです。

【ご購入のアドバイス】
価格と耐久性のバランスがよい材料です。
同じツノ材ですので、牛角と品質は似ていて、硬く、しかも粘りがあるので、耐久性に優れています。
ただし、やや乾燥に弱く、まれにひび割れやゆがみが生じることがあり、保管には注意が必要です。

【使用保管の注意】
黒水牛は、乾燥すると、ひび割れや、印面の中心が凹むことがあります。 直射日光や照明のあたる場所は避け、温度の変化の少ない場所で保管して下さい。 植物油(椿油・オリーブオイルなど)を塗っておくと、乾燥によるひび割れを防げます。
もう一つの注意点として、長期間タンスや引き出しに保管しておくと、虫食いになることがあります。 しっかりと閉まる印章ケースに入れて保管して下さい。 防虫剤と一緒に保管しておくと、いっそう安心です。
また、耐久性に優れているとは言っても、強い衝撃では欠けたり凹んだりすることがありますので、 落としたりぶつけたりしないよう注意してください。

本柘
柘として印材に使われているのは、主に「本柘」と「シャム柘」の2種類です。
本柘は、鹿児島産で、薩摩柘とも言います。 適度に硬く目が詰まっているので、木材では最も印材に向いています。 当店ではもちろん本柘を使用しています。
江戸時代に藩の産業振興として質のよい柘が作られ、 代々、さし木で伐採と同時に植林され、繰り返し生産されています。 しかし、生育には約40年かかるそうで、 近年の価格競争で、安い外国産のシャム柘に押され、 買い叩かれているという話も耳にします。
シャム柘は、インドシナ半島産です。 実はツゲ科の木ではなく、クチナシ属アカネ科の常緑樹ですので、 現在はアカネと表示するようになってきています。 しかし、見た目には本柘と区別しにくいので、 柘と表記されることもあるようです。 特徴としては、本柘よりは柔らかく、やや色が濃い感じです。 しかし、近年アカネを含めた森林の無計画な乱伐で洪水が頻発し、 国によっては伐採禁止になるような動きもあるようです。

【ご購入のアドバイス】
鹿児島産の本柘は伐採とともに計画的に植林されていますので、 環境に優しい印材と言えると思います。
欠点は、象牙、黒水牛、牛角に比べ、欠けやすいことです。 注意してご使用いただければ、長く使える印材ですが、 特に事務など認印として頻繁に使用する場合、使用、保管には注意が必要です。

【使用・保管の注意】
柘は木材ですので、長く使っていると、木材の繊維質に朱肉の油分が染み込んで、もろくなってしまいます。 ご使用の度に朱肉を拭き取って保管していただくことをお薦めします。 あとは、衝撃にも弱いので、ケースから取り出す際に落としたり、 朱肉の入れ物のふちや、捺印時にぶつけたりしないよう注意してください。

印材のアタリについて

アタリなし
アタリなし
アタリあり
アタリあり

アタリとは、印材の胴につけられた、上を示す溝のことです。
アタリを入れない理由としては、運勢などから印に傷を付けるのは縁起がよくないとされている点と、重要な書類に捺印する際に上下を確認して冷静になって捺印するという点が言われています。
当店では通常「アタリなし」でお作りしています。 「アタリあり」をご希望の場合は「アタリあり希望」とご記入下さい。価格は「アタリなし」と同じです。

「寸胴」と「天丸サヤ付き」について(法人印鑑)

天丸サヤ付き
天丸サヤ付き
寸胴
寸胴

法人の印鑑といえば、ひょうたん型のくびれた握りに印面を保護するサヤのついた「天丸」が定番の形ですが、 最近は個人の印鑑と同じ寸胴型の印材も増えています。
一番の理由はサヤです。
印面を保護するためのサヤですが、実はサヤを抜き差しする時に枠を欠損させてしまうことが多いのです。
また、印材は天然の材料です。気温や湿度によって微妙に大きさが変化し、抜けにくくなることが多々あります。 そうなれば、枠に無理な力がかかり、欠損しやすくなってしまいます。
次に天丸用のケースがあまり売っていないということです。
売っていても特殊な形状ですので、寸胴用より高価になってしまいます。
柔らかい袋やむき出しで保管していると、落としたりして欠損する可能性が高くなります。

はんこの書体

印鑑条例には、はんこの書体として「篆書・隷書・草書・行書・楷書・古印体」があげられています。
この6書体の印影見本と簡単な説明をまとめました。

印影は全て実際に私が手彫りしたものです。
はんこ職人のブログではこの見本の他にも沢山の印影を作業工程からご覧いただけます。
基本的な6書体だけでなく、アレンジを加えた個性的な印影も彫っています。

篆書隷書草書行書楷書古印体

篆書

篆書は約二千年前まで中国で使われていた書体です。
印鑑では最も一般的な書体と言えます。
古い書体ですので、文字によっては、現在の字画と大きく異なり、読みづらいこともあります。

篆書にはいくつか種類がありますが、主に実用印に使われるのは、小篆と印篆です。
小篆と印篆についてさらに詳しくは上野雄一のブログで取り上げています。
篆書について1(小篆と印篆)
篆書について2(小篆風印篆)

小篆(しょうてん)

小篆は、曲線的な字形で、場合によっては筆で書いたような線の強弱をつけた書体です。
上野雄一(小篆風) 上野(小篆風)

印篆(いんてん)

印章に収めやすいように小篆を四角くした書体です。
小原正子(印篆) 岡島(印篆)

太枠細篆書(ふとわくほそてんしょ)

篆書で枠を太く文字を細くした書体です。
司馬遼太郎(太枠細篆書) 義経(太枠細篆書)

古印体

古印体は、文字通り古い印のような雰囲気を出した書体です。
文字がところどころ太くなったり細くなったり、古くなって朽ちたような風合いを表します。
伊達公子(古印体) 河本(古印体)

隷書(れいしょ)

約二千年前に篆書を簡略化して生まれた書体とされています。
扁平気味の字形と大きなハライが特徴です。
山下達郎(隷書) 由岐子(隷書)

草書(そうしょ)

隷書が装飾的で速く書くことが出来なかったために、速く書くために作られた書体です。
文字によってはかなり読みにくくなりますが、流麗な雰囲気があります。
河野裕子(草書) 拓也(草書)

行書(ぎょうしょ)

草書の流麗さと楷書の読みやすさを合わせた書体です。
織田信成(行書) 兼続(行書)

楷書(かいしょ)

現在一般的に使われている書体です。
広上颯介(楷書) 宇多丸(楷書)

ページトップへ