印鑑の知識 by 上野印房手彫り印鑑職人上野雄一のブログ

手彫り印鑑の出来るまで

手彫り印鑑はその技術を身に付けるのにも永い年月を要しますし、
なかなか割の合わない大変な作業ですので、年々腕のいい職人が減っています。
皆様が普段見ることのない「手彫り印鑑」の作業工程をご紹介したいと思います。
写真をクリックすると、拡大写真がご覧いただけます。
面磨り 1.面磨り(印面調整)
まず初めに印面を紙ヤスリで平らに整えます。 しかし、真っ平らすぎると、押印の時、中心部の写りが悪くなります。 職人はほんの気持ち中心が高くなるように印面を調整しています。 もちろんこれもやりすぎると、枠の方が写らなくなってしまいますので、この辺は職人の経験です。
朱打ち 2-1.朱打ち
印面に朱墨を塗ります。
文字を書く時、直したい部分を朱墨で修正するためと、 実際に彫り始めた時に彫った部分と彫ってない部分が分かるようにするためです。
朱打ち完成 2-2.朱打ち
印面に朱を塗り終わった状態です。
字割り 3-1.字割り
文字を書く目安となる線を引きます。
先の尖った物で印面を軽くこすって線を引きます。
字割りをしっかりしないと、バランスの悪いハンコになってしまいます。
字割り完成 3-2.字割り
字割りが終わりました。
線を引いた部分が光っているのが分かると思います。
布字 4-1.布字(字入れ)
印面に墨で文字を書いていきます。鏡で見たように反対に書かなくてはなりません。 バランスが悪いなと思ったら、朱墨で修正します。
ハンコの出来を左右する重要な工程です。
布字完成 4-2.布字(字入れ)
字入れが終わりました。
間違いがないか、バランスは悪くないか、よく確認したら、いよいよ彫刻作業です。
粗彫り 5-1.粗彫り
印刀(イントウ)と呼ばれるハンコを彫るための彫刻刀で、印面の朱の部分を彫っていきます。 印刀は太いものから細いものまで5本くらいを彫る場所によって使い分けます。 粗彫りとは言っても、出来るだけ正確に彫らないと、後の作業が大変になってしまいます。 工程の中で最も時間のかかる大変な作業です。
粗彫り完成 5-2.粗彫り
粗彫りが終わった状態です。
出来る限り朱の部分が残らないように正確に彫るのは職人技です。
墨打ち 6-1.墨打ち
粗彫りが終わったら、面磨りをしていったん墨を落とし、改めて墨を打ちます。 筆で書いた状態では墨で印面がデコボコしているのと、彫れていない部分を分かりやすくするためです。 この墨打ちも均一に墨を載せないと、印面がデコボコになり、写りが悪くなります。
墨打ち完成 6-2.墨打ち
墨打ちが終わった状態です。
思ったより文字が太くてガタガタですね。
このままではまだ売り物になりませんので、綺麗に仕上げなくてはなりません。
仕上げ 7-1.仕上げ
粗彫りはどんなに丁寧に彫っても自分のイメージしていたものより太かったり、線がふらついていたりするものです。 これを判差し(ハンサシ)と呼ばれる仕上げのための彫刻刀で文字の外郭をなぞるように整えていきます。 筆意や勢いが表現できるよう文字のイメージをしっかり持っていなくてはなりません。
仕上げ途中 7-2.仕上げ
左だけ仕上げをした状態です。
こうするとはっきり違いが分かりますね。
完成 8.完成
仕上げ作業が終わりました。
よく出来ているように見えますが、実際に何度か試し押しをして、気になるところを手直しして完成です。
完成の印影 8.完成
何度か試し押しをして、気になるところを手直しして出来上がりです。
Copyright(c) UENOINBOU All Rights Reserved.
手彫り印鑑・はんこの上野印房