カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

正直表示

「手彫り印鑑」と検索すれば、無数の印章店が表示されます。
しかし、はんこ職人の私がネットを見る限り、本当に手彫りをしている店舗は数店と思われます。その理由は「手彫り印鑑の見分け方」で詳しく書いていますが、手彫りしているかもしれないと思うお店を含めてもネット上では5店ありません。(実店舗ではもう少しあるだろう思いますし、高額商品だけ手彫りするといったお店もあるでしょうが、お客様がはっきり手で彫っていると確信できるお店は路面店を含めてもほとんどないと思います。)
つまり、ほとんどの印章店でちゃんとした表記が行われていないのです。

上野印房ではお客様に分かりやすい適切な表記のため、
定義を明確に示し、手彫り印鑑と手仕上げ印鑑を分けて販売しております。

一般論としての手彫り表記の定義は、「手彫り印鑑とは?」をご覧ください。
ここでは上野印房の手彫り印鑑と手仕上げ印鑑の違いについてご説明申し上げます。

上野印房の「手彫り印鑑」と「手仕上げ印鑑」の違い

手彫り印鑑
上野印房では一切機械を使わず全ての工程を職人の手で作った印鑑としています。
具体的なサービスの違いは2つあります。

  1. 手彫りの証明として、主な3工程(字入れ・粗彫り・仕上げ)の作業写真をお付けしております。
  2. 印影の下書き2点からお選びいただき、作成することが出来ます。

目に見えない部分としては、作業にかける時間が圧倒的に違います。特に印影の推敲にかなり時間を割きますので、印影に強いこだわりのあるお客様や、個性的な印影をお求めのお客様は、手彫りをお選びいただければと思います。

手仕上げ印鑑
機械で「粗彫り」をし、手で仕上げ彫刻をした印鑑です。
上野印房では印影を手書きいたしますので、唯一無二の印影が出来ます。

手仕上げ印鑑はオーソドックスな印影に限定することで、価格を抑えております。
町のはんこ屋としては、店にふらっと入ってきたお客様に「高額なこだわりの完全手彫り印鑑しかないよ!」なんていうことは出来ないのです。そのため、手書きの手仕上げという形で、きちっとした仕事をしながら、価格を抑えた設定をしております。
申し訳ございませんが、価格を抑えるため、手書きでも定型的な書体に限定させていただいております。
(とはいっても篆書を3種類、他に印鑑条例にある全ての書体あわせて8書体、さらに2文字の場合、縦・横・斜めがお選びいただけます。手書きでここまで対応できるお店はそうはないかと)

正直、手仕上げ印鑑はオーソドックスな印影に限定している今でも、もう少し価格を上げたいところですが、お店にふらっと入ってきたお客様や学生さんには今のお値段が限度かなと思っています。
ですので、個性的な印影をお求めのお客様や、印影にこだわりのあるお客様は、申し訳ございませんが、手彫り印鑑をご注文ください。

手彫りには証明写真!

手彫り写真付き

手彫り印鑑といっても、それが本当に手彫りかどうか、お客様は判断することが出来ません。
そんな不安を取り除くため、上野印房では実際にお客様の印鑑を彫刻している写真をお付けしています。

少し自慢させていただくと、写真をお付けするサービスは安心表記に取り組んできた上野印房が
2004年9月21日に業界で初めて取り入れました。

近頃では、同様のサービスを行う印章店も出てきましたが、その中には怪しいものがあります。
粗彫りし終わった写真を付けている印章店がありますが、これでは粗彫りに機械を使っている可能性は拭えません。あくまで粗彫り途中の写真が付いていることが手彫り印鑑の証明です。

上野印房の手彫り印鑑には、字入れ、粗彫り、仕上げ、それぞれ作業途中の写真をお付けしています。
※手書き手仕上げ印鑑には写真をお付けしておりません。

印鑑も機械で作られるようになり、全て手で彫る印章店はほとんどなくなりました。
そんな中、少しでも職人の仕事に触れて、手作業の面白さを感じていただきたい。
機械で簡単に作れる時代に一つ一つの作業に心を込めて手をかける。
その一端をご覧いただくことで、ご印鑑に愛着を持っていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

下書き確認サービス

自分の名前がどんなハンコになるのか、なかなかイメージが湧かないと思います。
上野印房では彫刻前にメールもしくはFAXにて確認していただくことが出来ます。

手彫り印鑑・手仕上げ印鑑とも、下書きは職人による手書きです。
手彫り印鑑は2点、手仕上げ印鑑は1点、ご覧いただけます。
お選びいただいた書体の修正は無料ですが、書体の変更は1書体につき、千円申し受けます。

書体は下の8書体からお選びいただけます。
選べる8書体

※手彫りでは、下書きを基にもう一度印材に逆さ文字で書き直すため、 下書きの印影と実際の印影は多少異なります。 また、鉛筆で書いた雰囲気と実際の彫刻した雰囲気の違いもありますので、 ご了承くださいますようお願いいたします。

5年保証

黒水牛・牛角(色)・牛角(白)・象牙のご印鑑には5年の「印鑑保証」をお付けしています。
万が一、文字や枠が欠けてしまった場合、無料で彫り直しを致します。(送料はお客様負担となります)
※本柘・篆刻は対象外となります。

保証規約
1.通常使用において文字、枠が損傷した場合、下記条件のもとにおいて同じ彫刻名を無料にて彫り直し致します。なお、送料はお客様負担でお願い致します。
2.この保証規約の適用期間は当店お買い上げ日より5年間です。
3.彫り直しは損傷した印章を削って彫刻したします。法令により以前と同一の印影を彫刻することは出来ません。
4.この保証書はお買い上げいただいた印章の品質を保証するものです。印章及び印章の損傷によって生じた諸事を保証するものではありません。
5.保証期間内でも次の場合は適用外とさせていただきます。
(イ)本保証書の提出がない場合
(ロ)天災・火災など不測の事態による損傷
(ハ)印材が彫刻できない状態の場合
(ニ)紛失・盗難・故意による損傷など

一級技能士上野雄一

はんこ職人上野雄一

自己紹介

先代上野好雄の長男として生まれた私は
幼少の頃より遊びとしてはんこを彫っていました。
そのため上野印房入店時にはすでに彫刻することが出来ましたが、
神奈川県印章高等職業訓練校でさらに研鑽を重ね、
一級印章彫刻技能士の資格を修得いたしました。
手作りの楽しさと洗練された技術に触れていただきたい。
そして何よりもお客様にお喜びいただきたい。
その思いで日々はんこを彫り続けております。

主な受賞暦

平成15年 第35回技能コンクール「印章彫刻の部」神奈川県技能士連合会会長賞
平成19年 第55回大印展「密刻の部」銅賞
平成21年 第57回大印展「認・実印の部」銀賞
        同「角印の部」褒賞
        同「密刻の部」褒賞
平成22年 第18回全国印章技術大競技会「実印の部」銅賞
        同「角印の部」入選
       第58回大印展「認・実印の部」褒賞
        同「角印の部」褒賞
平成23年 第59回大印展「認・実印の部」褒賞
        同「角印の部」入選

ページトップへ